FC2ブログ

セキュリティ対策の記事一覧

スポンサーサイト

ファイル共有ソフトでアニメウイルス感染

ウィニーで拡散する新たなウイルスが確認されました。このウィニーウイルスはアニメのMP3ファイルに見せかけられて、ウィニーの使用を警告するアニメ画像が表示されるとともに、パソコン中のファイルを削除・上書きするという。さらに、C:\Program Files」配下のフォルダのファイルすべてを削除する。このウイルスにはTrojan.Pirlamesという名称が付与されています。ウィニー...

ウィニー対策 ファイアウォールを強化した拠点VPNルータ

SOHO・中小企業のウィニー対策はファイアウォールを強化した拠点VPNルータ。「ファイアウォール・ルーター SRT100」は、不正アクセス検知といった企業向けルータが搭載するファイアウォール機能を強化した点が特徴です。セキュリティ機能では、パケットフィルタリングのほかアプリケーションの通信を解析してポートを動的に開閉するステートフルインスペクションをサポート。また、ウィニー(Winny)パケットを検出し、検知結果を...

情報が漏えいしても安全なシステム

日本HPと三菱電機は、ファイルごとのアクセス権管理を行うインターネットファイル共有、編集ソリューションを共同展開する。これはインターネット越しにファイル、フォルダの共同編集を行うためのプロトコル、WebDAVを利用するファイル共有サーバソフト。この「HP IceWall QFS(Quick File Store)」は、ウィニーで情報が漏えいしても安全で、ネットワークへの負荷が小さく、ブラウザなどを使って簡単に拠点間で共有ファイルの操作...

ファイル交換ソフトの履歴調査ソフト

ネットエージェントはウィニーなどのファイル交換ソフトの利用履歴やウイルス感染歴を調査するソフト「ウィニー特別調査員」を発売しました。100ライセンス以上から販売し、1ライセンスあたりの価格はISOイメージが200円、CD- ROMが700円。ウィニー特別調査員は、フォレンジック技術を応用した検査で、ウィニーなどのファイル交換ソフトを利用した最終日時を調査するソフトです。情報漏洩の原因となっているAntinnyなどのウイルス...

ウィニーによる流出を防止する方法

ウィニーには大量の流出画像があります。ウィルスによって本人が知らぬ間にパソコンにある画像ファイルなどが流出しているのです。ウィニーにはアダルト画像などの意図的にアップロードしているファイルもありますが、ウィルスによって流出した画像、情報は増える一方です。ウィニーによる流出を防止する方法として最低限、情報セキュリティ対策は必要です。セキュリティソフトによるパソコンセキュリティは絶対に必要です。セキュ...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。