スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報が漏えいしても安全なシステム

日本HPと三菱電機は、ファイルごとのアクセス権管理を行うインターネットファイル共有、編集ソリューションを共同展開する。

これはインターネット越しにファイル、フォルダの共同編集を行うためのプロトコル、WebDAVを利用するファイル共有サーバソフト。

この「HP IceWall QFS(Quick File Store)」は、ウィニーで情報が漏えいしても安全で、ネットワークへの負荷が小さく、ブラウザなどを使って簡単に拠点間で共有ファイルの操作ができる点が特徴。

サーバから端末側にファイルをコピーした際にもユーザーのアクセス権情報を管理し、暗号化しているため、仮にウィニーなどのP2Pソフトを通じてファイルが外部に公開されても、アクセス権限のない第三者による不正な閲覧を防ぐことができる。

スポンサーサイト

«ファイル交換ソフトによる情報流出は続く | トップへ戻る |  ウィニーでの流出画像を検索»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。