スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイル交換ソフトによる情報流出は続く

東京都江戸川区の中学校に勤務する男性教諭がウィニーで動画などをダウンロードしていた際にウイルスに感染した。
(夕刊フジが報じた内容による)

生徒160人分の個人情報が記載された名簿、交際相手とのプライベート写真約80枚、交際相手とのメール約100通などを流出させた。

映画やビデオ、音楽が無料で手に入る魅力には勝てないということでしょうか?

ウィニーで流通している映画、わいせつ画像の例を、写真入りで特集している雑誌も多いので、そこにも問題があるようだ。

ウィニーを開発した金子勇被告の有罪判決後もウィニーのノード数(ウィニーをインストールして作動しているPCの数)に、目立った減少はないようだ。

スポンサーサイト

«ウィニー対策 ファイアウォールを強化した拠点VPNルータ | トップへ戻る |  情報が漏えいしても安全なシステム»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。