スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイル共有ソフトのウィニーのしくみ

ファイル共有ソフトのウィニーは、P2P(ピア・ツー・ピア)方式を採用しているファイル共有ソフトです。

ウィニー独自のP2P型匿名掲示板システムは、匿名性が特徴で、WinMXよりも匿名性が高いです。

ウィニーがP2Pネットワークに参加するには、サーバーは使いません。
最初につなぐパソコンを手入力で設定し、ウィニーのネットワークにつなぐ方式です。

ネットワークに接続したら,次はファイル検索です。
ウィニーでは検索キーワードがファイル名に含まれていると、そのファイルが検索に引っかかるようになっています。

ウィニーのソフトから検索キーワードを入力して検索ボタンを押すと、キーワードを含んだ検索キーというデータが作られます。

これをウィニーネットワーク上でリンクの張られたほかのパソコンに送るのです。
検索キーを受け取ったパソコンは、検索条件が一致するかどうかをチェックするのです。

もし検索条件が一致すれば、その結果を検索要求があったパソコン経由で返信します。

結果としてウィニーから送られる内容には、単に検索条件が一致したことに加えて仮想キーも含まれます。

仮想キーにはファイル名が入っているので、検索要求を出したパソコンは検索条件に一致したファイル名がわかるのです。
スポンサーサイト

«ウィニーで動画を見る | トップへ戻る |  ウィニーを無料で使った代償»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。